スポンサーリンク

 

マイナス調整された命釘/ヘソの見方その4【片開け】

命釘/ヘソの片方だけ開いている調整は、マイナス調整です。

【重要度】☆☆☆

権利物(第三種、2004年に絶滅)のスルーチャッカー下で、よく使われていたマイナス調整です。現在はほとんど見かけませんが、ゼロではありません。

マイナス調整された命釘/ヘソの見方その4【片開け】

この命釘の見方は、上から見て左右対称かバランスを見ればOKです。画像はわかりやすく右の命釘だけ開けてますが、左の命釘だけ開ける場合もあります。

パチンコ玉は、同じ幅の命釘でも、左右均等に開いているほうが入賞しやすくなります。ステージから命釘/ヘソへ向かう玉は、中心をズラすように曲げると入賞率を落とせます。

権利物のスルーチャッカー下の入賞口と、ステージからの入賞ルートはよく似ています。その流れで、命釘の片側を開ける(曲げる)マイナスを調整して、ステージからの入賞率を落とすのに使われていました。

当時の権利物は、ベースが10とか当たり前。両方の釘が豪快に曲がっているのも珍しくありませんでした。スタートはそこまで閉めれないので、変則的な片側だけのマイナス調整になっていました。

2000年に入ったころから統一ゲージが台頭しはじめ、このマイナス調整は徐々に見かけなくなります。時代が変わると復活するかもしれません。頭の片隅にでも入れておいてくださいね。

  • 命釘/ヘソは、ステージの中心からズラすように曲げるマイナス調整もある。
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

画像でわかる釘読み・釘の見方
よくわかる釘の見方で勝率アップ。ポイントになる釘を画像でチェック。

パチンコの立ち回り・台選び
視点や思考を変えて、勝率の高い台選び・行動にする立ち回りコラム。

勝てるパチンコ店の選び方
経営方針や換金率など、特徴でわかる勝てるパチンコ店の選び方。

打ち方・止め打ち・ストローク
技術介入(玉の打ち方)で収支をアップさせる止め打ち・ストローク。

パチンコリンク集
パチンコ関連サイトのリンク集。パチンコメーカー公式サイト、お役立ちサイトなど。

インフォメーション
当サイトについて、お知らせ、プライバシーポリシーなど。