スポンサーリンク

 

パチンコ店が、真っ先にマイナス調整をする釘。出玉を削る(少なくする)のが、アタッカー周辺の釘です。

【重要度】★★★

本当のボーダーラインは、実際の大当り出玉と換金率で決まります。実は、1000円あたりの回転数(命釘/ヘソ)よりも、大当り1回分の出玉(アタッカー周辺の釘)のほうが大切です。

アタッカー周辺の釘は、大当りの出玉で判断する見方がおすすめです。

いまは、大当り出玉を決めて、命釘/ヘソ釘でマイナス調整する統一ゲージが主流です。だいたいメーカー発表値の85~90%で調整するのが一般的。極端な釘曲げも減っています。

どれくらい出玉を削る(少なくする)店か?メーカー発表値を、公式サイトでスペックと一緒に確認しておくのがおすすめです。

また、大手パチンコ情報サイトもおすすめです。「777@nifty」はスペック情報に強く、「P-WORLD」はホール情報に強いサイト。どちらのデータも、ほぼメーカー発表値です。

出玉のカット率は、店舗で一律にしていることが多いです。10%カットする店、12~13%カットする店、15%カットする店。だいたい、この3パターンです。

カット率は、機種単位より店の傾向として覚えていけばOK。初見のホールや新台はむずかしいですが、最低でも10%はカットしていますよ。

雑誌のボーダーラインを参考にするときも、出玉のカット率は重要です。ボーダーラインは、実際の出玉が少ないと高くなります。リターン(期待値)が少ないのはもちろん、持ち玉で理論上の回転数も回せなくなります。

出玉の記載がないボーダーラインは、参考にできないので注意してくださいね。

  • 大当り出玉は、メーカー発表値の85~90%に調整されることが多い。
  • ボーダーラインは、実際の出玉が少ないと高くなるので注意する。

出玉のカット率はボーダーライン・期待値の基準になるので、できる限り店の傾向として覚えていってくださいねー。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

画像でわかる釘読み・釘の見方
よくわかる釘の見方で勝率アップ。ポイントになる釘を画像でチェック。

パチンコの立ち回り・台選び
視点や思考を変えて、勝率の高い台選び・行動にする立ち回りコラム。

勝てるパチンコ店の選び方
経営方針や換金率など、特徴でわかる勝てるパチンコ店の選び方。

打ち方・止め打ち・ストローク
技術介入(玉の打ち方)で収支をアップさせる止め打ち・ストローク。

パチンコリンク集
パチンコ関連サイトのリンク集。パチンコメーカー公式サイト、お役立ちサイトなど。

インフォメーション
当サイトについて、お知らせ、プライバシーポリシーなど。