スポンサーリンク

 

マイナス調整された命釘/ヘソの見方その1【右下がり】

命釘/ヘソの右だけを少し下げる調整は、マイナス調整です。

【重要度】★☆☆

昔からある小規模なパチンコ店など、たまに見かける命釘/ヘソです。数は減っていますが、要注意のマイナス調整です。

マイナス調整された命釘/ヘソの見方その1【右下がり】

この命釘の見方は、正面から見て左右が同じ高さか確認すればOKです。

パチンコ玉は、だいたい盤面の左側から転がってきます。なので、右側の命釘を下げると回転数(入賞率)は落ちます。

ステージからの入賞率も少し落ちます。テージからの入賞が重要な機種(海物語シリーズなど)で、気づかれないようにマイナス調整できます。

右の命釘を少し下げると、回転数はひと回り小さい命釘/ヘソと同じ程度。1000円あたり0.5回転くらいは落ちます。

実際は回転数にムラがあるので、もっと少なく感じたりしますよ。もちろんこの数字は、いろんな条件で変わります。でも、基本的に回転数が増える調整ではないです。

板ゲージ

命釘は、板ゲージを使って0.25mm単位で調整するのが一般的。この板を命釘の間に入れ、2枚開けるとか1枚閉めるとか確認しながら調整します。他に、0.3mmや0.5mm単位もあります。
※ デジタルも普及していますが、まだまだ板ゲージも現役だと思います

回転数は、板ゲージ1枚0.25mmの調整で、1000円あたり±0.5~0.7回転くらい変わります。

釘調整の↓具体例。

  • 1枚開けて右の命釘を下げれば、見た目は空いたけどだいたい同じ回転数。
  • 昨日と同じ命釘と見せかけて、右の命釘を下げてマイナス調整にする。

たとえば、株など相場で使われる隠語に「往って来い(いってこい)」という言葉があります。意味は、簡単にいうとプラスマイナスゼロ。勝ったり負けたりのことです。

パチンコの世界でも使うことがあり、常連さんの多い店では、機種単位でこの往って来い調整をしていることがあります。

打つ台を決める常連さんとか、台の釘を本当によく覚えています。そういう場合、右側の命釘を上げ下げして調整することがあります。

  • 命釘は、上下にも調整する。
  • 右の命釘は、下がるとマイナス調整。

なぜか、命釘は水平に調整していると思い込んでる人が多いです。正面や横から見るようになると、釘読み・釘の見方が変わりますよー。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

画像でわかる釘読み・釘の見方
よくわかる釘の見方で勝率アップ。ポイントになる釘を画像でチェック。

パチンコの立ち回り・台選び
視点や思考を変えて、勝率の高い台選び・行動にする立ち回りコラム。

勝てるパチンコ店の選び方
経営方針や換金率など、特徴でわかる勝てるパチンコ店の選び方。

打ち方・止め打ち・ストローク
技術介入(玉の打ち方)で収支をアップさせる止め打ち・ストローク。

パチンコリンク集
パチンコ関連サイトのリンク集。パチンコメーカー公式サイト、お役立ちサイトなど。

インフォメーション
当サイトについて、お知らせ、プライバシーポリシーなど。