スポンサーリンク

 

釘調整とは、基本的に釘をマイナス調整すること。つまり、パチンコ店の利益確保が目的です。どの釘で、どれぐらいマイナス調整を(利益を出そうと)しているのか?これが店の傾向、特徴にもなります。

パチンコ店が釘調整でコントロールするは、この2つです。

  • 通常時の回転数(1000円あたりの回転数)
  • 大当りの出玉(電サポ中の玉減りを含む)

釘読み・釘の見方は、店が調整した回転数と出玉の2つを予想することになります。

本当のボーダーラインは、換金率と実際の大当り出玉で決まります。なので、1000円あたりの回転数も大切ですが、実は大当り1回分の出玉のほうが大切です。

たとえばですけど、これは安い!と思って買った商品が、ひどい上げ底だった…といった感じの優秀台モドキは、簡単につくれます。

  • 命釘(ヘソ)の開け閉めだけを見る

いまは機種単位で同じ釘調整にする「統一ゲージ」が主流です。日々調整されるのは、命釘のみ。その他の釘は、一度マイナス調整されるとほぼ固定されます。

命釘(ヘソ)だけを見て、ボーダーラインをどれくらい超えそうか?の判断をするのが、いまの釘読み・釘の見方です。

言い換えると、命釘だけの釘読みは、その店の換金率とマイナス調整の傾向・出玉をだいたいわかっていることが前提になります。

マイナス調整される釘は、大きく分けて8か所あります。通常時の回転数に関する釘が5か所、大当りの出玉に関する釘が3か所です。

【回転数に関する釘】

回転数に関する釘は、スタートに入る玉の絶対数を減らすのが目的です。言い換えると、命釘(ヘソ)を大きく見せるためにマイナス調整します。

【出玉に関する釘】

出玉に関する釘は、大当りの出玉を減らす(ボーダーラインを上げる)のが目的です。大当り中以外に、電サポ中に減る玉も含めます。

以上のマイナス調整を知っていると、統一ゲージじゃないパチンコ店、初見の店、新台でも有利に立ち回れますよ。

  • 釘のマイナス調整は、各パチンコ店の傾向・特徴になる
  • 釘読み・釘の見方には、回転数と出玉の2種類ある
  • 1000円あたりの回転数より、実は実際の大当り出玉のほうが重要
  • マイナス調整される釘は、ぜんぶで8か所しかない

回転数に関する釘の見方・釘読みは、ポイントを画像でわかりやすくご紹介します。ぜひ、台選び・店選びの参考にしてくださいねー。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

画像でわかる釘読み・釘の見方
よくわかる釘の見方で勝率アップ。ポイントになる釘を画像でチェック。

パチンコの立ち回り・台選び
視点や思考を変えて、勝率の高い台選び・行動にする立ち回りコラム。

勝てるパチンコ店の選び方
経営方針や換金率など、特徴でわかる勝てるパチンコ店の選び方。

打ち方・止め打ち・ストローク
技術介入(玉の打ち方)で収支をアップさせる止め打ち・ストローク。

パチンコリンク集
パチンコ関連サイトのリンク集。パチンコメーカー公式サイト、お役立ちサイトなど。

インフォメーション
当サイトについて、お知らせ、プライバシーポリシーなど。