スポンサーリンク

 

パチンコのボーダーラインは、理論上±0円になる回転数のことです。1000円あたり○○回転と表示されることが多いです。

この回転数から、その台を打つか?打たないか?の目安にすることができます。

ボーダーラインは、4つの数字から計算されます。

  • 換金率
  • 打つ時間
  • 大当り確率
  • 大当り出玉

この中で大切なのが「大当り出玉」です。出玉が変わると、ボーダーラインも変わります。

よくパチンコ雑誌に、機種のボーダーラインが載っていますよね。換金率別に、1000円(250個)あたり何回転とか表になっているアレです。

このボーダーラインは、メーカーが発表した出玉を数%カットして計算されることが多いです。これは予想出玉で、実際の出玉と違います。

これは、実際の出玉と違います。大切なことなので、2回書いてみました。

実は、優秀台に見せかけるのは超簡単。出玉を削る(少なくする)だけでOK。たったこれだけで、優秀台モドキが完成します。

命釘/ヘソはそこそこ開けて、ボーダー程度の釘調整にしておきます。アタッカー周辺の釘をマイナスにして、電サポ中にも玉が減る調整にすれば準備完了。

すると想定していた期待値より少ない(換金額が少ない)のはもちろん、持ち玉で計算上の回転数も回せなくなります。ボーダーラインを参考にするときは、実際の出玉にも注目してくださいね。

  • 参考にするボーダーラインは、予想と実際の出玉の差に注意する。
  • ボーダーラインは、実際の出玉が少ないと高くなっていく。

出玉の少ない店は「大当り → 即ヤメ」で立ち回りできます。深追いに気をつけてくださいねー。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

画像でわかる釘読み・釘の見方
よくわかる釘の見方で勝率アップ。ポイントになる釘を画像でチェック。

パチンコの立ち回り・台選び
視点や思考を変えて、勝率の高い台選び・行動にする立ち回りコラム。

勝てるパチンコ店の選び方
経営方針や換金率など、特徴でわかる勝てるパチンコ店の選び方。

打ち方・止め打ち・ストローク
技術介入(玉の打ち方)で収支をアップさせる止め打ち・ストローク。

パチンコリンク集
パチンコ関連サイトのリンク集。パチンコメーカー公式サイト、お役立ちサイトなど。

インフォメーション
当サイトについて、お知らせ、プライバシーポリシーなど。