パチンコの打ち方・止め打ち3【電サポ中】

電サポ中の玉減りを防止する技術介入・テクニック

トップ > パチンコの打ち方

【電サポ中】の止め打ちとは?

【確変中・時短中】使える度 ★☆☆

電サポ中とは、確変中や時短中のことです。その電サポ中に、電チューの開閉にあわせて止め打ちする方法・打ち方です。リズムがわかれば簡単ですよー。

ここがポイント

電サポ中は、打ちっぱなしだと少しずつ玉が減っていきます。せっかくの出玉を減らすのはもったいないです。

電チューの開閉リズムにあわせて打つと、玉減りを防止できますよ。まれに、玉を増やせる機種もあります。

【電サポ中】の止め打ち・打ち方

電サポ中の止め打ちは、電チューの開閉リズムにあわせて、玉を打ったり止めたりします。開閉リズムは機種によって違うので、できる機種・できない機種があります。

電チューが開いたとき、ちょうど玉が入る。そんなイメージ、タイミングで玉を打ち出します。

はじめは、こんな感じOK。

  • 電チューがパカパカ(← 最後のパカで止める)
  • スルーの抽選中(← 1拍おいて打ちはじめる)
  • 電チューがパカパカ(← 最後のパカで止める)
  • スルーの抽選中(← 1拍おいて打ちはじめる)
  • 以下、繰り返し…

これで、電チューがパカパカしているときだけ玉を打っている。そんなリズム、タイミングになります。

注意点は、スルーに玉が通らない釘調整の台です。電チューの開閉が途切れると、その間に打った玉はムダ玉(残念な玉)になります。

パチンコの打ち方まとめ

  • 電チューの開閉にあわせて打つと、玉減りを防止できる。
  • 開閉のリズムによって、できる・できない機種がある。
  • スルーに玉が通らない釘調整は、止め打ちがむずかしい。

リズムがわかればスムーズにできます。少しずつ挑戦してみてくださいねー。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

カテゴリ

 

KYORAKUサプライズらんど

 

777TOWN for Android

 

A-パチンコ

 

競馬データベース KLAN

 

Yahoo!モバゲー