スポンサーリンク

 

【確変中・時短中】使える度 ★☆☆

電サポ中とは、確変中や時短中のことです。その電サポ中に、電チューの開閉にあわせて止め打ちする方法・打ち方です。リズムがわかれば簡単ですよー。

電サポ中は、打ちっぱなしだと少しずつ玉が減っていきます。せっかくの出玉を減らすのはもったいないです。

電チューの開閉リズムにあわせて打つと、玉減りを防止できますよ。まれに、玉を増やせる機種もあります。

電サポ中の止め打ちは、電チューの開閉リズムにあわせて玉を打ったり止めたりします。開閉リズムは機種によって違うので、できる機種・できない機種があります。

電チューが開いたとき、ちょうど玉が入る。そんなイメージ、タイミングで玉を打ち出しては止める。これを繰り返します。

はじめは、こんな感じOK。

  • 電チューがパカ、パカ(← 最初のパカで打つのを止める)
    すると、すでに打ち出されている玉が最後のパカで入賞
  • スルーの抽選中(← 1拍おいて打ちはじめる)
  • 電チューがパカ、パカ(← 最初のパカで打つのを止める)
    すると、すでに打ち出されている玉が最後のパカで入賞
  • スルーの抽選中(← 1拍おいて打ちはじめる)
  • 以下、繰り返し…

これで、電チューがパカパカしているときだけ玉を打っている。そんなリズム、タイミングになります。

注意点は、スルーに玉が通らない釘調整の台です。電チューの開閉が途切れると、その間に打った玉はムダ玉になります。

  • 電チューの開閉にあわせて打つと、玉減りを防止できる。
  • 開閉のリズムによって、できる・できない機種がある。
  • スルーに玉が通らない釘調整は、止め打ちがむずかしい。

リズムがわかればスムーズにできます。少しずつ挑戦してみてくださいねー。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

画像でわかる釘読み・釘の見方
よくわかる釘の見方で勝率アップ。ポイントになる釘を画像でチェック。

パチンコの立ち回り・台選び
視点や思考を変えて、勝率の高い台選び・行動にする立ち回りコラム。

勝てるパチンコ店の選び方
経営方針や換金率など、特徴でわかる勝てるパチンコ店の選び方。

打ち方・止め打ち・ストローク
技術介入(玉の打ち方)で収支をアップさせる止め打ち・ストローク。

パチンコリンク集
パチンコ関連サイトのリンク集。パチンコメーカー公式サイト、お役立ちサイトなど。

インフォメーション
当サイトについて、お知らせ、プライバシーポリシーなど。