スポンサーリンク

 

低換金率のパチンコ店とは、1個4円で借りた玉を、1個2.0円~2.8円で換金できる店のことです。

最大の特徴は、甘い釘調整です。

低換金率のパチンコ店は、現金で打ち続けると負けます。換金ギャップ(交換ギャップ)が大きく、条件はありますが長時間打てる人に向いているパチンコ店です。

勝ちにこだわるなら、パチンコ店選びにはセオリーがあります。

  • 低換金率のパチンコ店
    長時間打てる人向き。持ち玉比率を知っていて、技術介入で玉減りに気をつければ勝ちやすいパチンコ店。
  • 高換金率のパチンコ店
    できれば長時間打てる人向き。持ち玉比率・技術介入ができ、ボーダーラインをシビアに立ち回れば一番勝ちやすいパチンコ店。
  • 等価交換のパチンコ店
    短時間しか打てない人向き。運の要素が一番強く、連チャン → 即ヤメの立ち回りで勝ちやすいパチンコ店。

持ち玉比率とは、通常時のトータル回転数のうち、持ち玉で回した回転数のこと。現金だと1個4円のところ、低換金率なら1個2.4円とかで打っている状態になります。

低換金率(高換金率)のパチンコ店は、持ち玉で打つと勝ちやすくなります。言い換えると、ボーダーラインを下げるために持ち玉で打つパチンコ店です。

パチンコ歴が長い人でも、持ち玉で打つとボーダーラインが下がるのを知らない人は意外と多いです。低換金率のパチンコ店を選ぶときは、ぜひ貯玉再プレイができる店を選んでくださいね。

  • 低換金率のパチンコ店は、現金で打ち続けると負ける。
  • 持ち玉で打つと、ボーダーラインを下げることができる。
  • 貯玉再プレイを利用すると、持ち玉で打ちやすくなる。

むずかしい計算が苦手な人はしなくてOK。持ち玉で打てる時間が長くなるほど、勝ちやすくなりますよー。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

画像でわかる釘読み・釘の見方
よくわかる釘の見方で勝率アップ。ポイントになる釘を画像でチェック。

パチンコの立ち回り・台選び
視点や思考を変えて、勝率の高い台選び・行動にする立ち回りコラム。

勝てるパチンコ店の選び方
経営方針や換金率など、特徴でわかる勝てるパチンコ店の選び方。

打ち方・止め打ち・ストローク
技術介入(玉の打ち方)で収支をアップさせる止め打ち・ストローク。

パチンコリンク集
パチンコ関連サイトのリンク集。パチンコメーカー公式サイト、お役立ちサイトなど。

インフォメーション
当サイトについて、お知らせ、プライバシーポリシーなど。